2016/11/29

残業過多の職場は改善提案していきます

Rさん(34歳・女性)は現在、某制作企業にて、アデコからの派遣DTPオペレーターとして就業中の方です。現在の派遣先の職場の雰囲気について相談がある、とのことで当社に来社されました。

お話を伺うとRさんの派遣先の職場はかなり忙しいようで、いつもタイトなスケジュールのなか各種制作物の企画、デザイン、DTPオペレ―ションの業務が山積みになっているとのことです。社員は皆、終電近くになることも多いようで、慢性的に残業が発生しているようです。

そうしたなか一人の社員の方から、「Rさんは派遣契約内の業務で働けていて、残業も無くてよいよね」というニュアンスのことを言われたようです。

お話を聞きながら、業務過多とストレスフルな環境が原因で、Rさんへの嫌味につながったことが容易に想像できました。



2016/11/25

「エンジニア正社員」の皆さんとの懇親会を開きました


先日、アデコの無期雇用派遣で就業中のIT・エンジニアの皆さんと懇親会を行いました。
日頃、皆さん、バラバラの就業先で働いているため、それぞれ情報交換ができる場が持てればとの思いで懇親会を企画させてもらったのですが、当日は開発(SE・プログラマー)やインフラエンジニア(ネットワーク・サーバーエンジニア)の方など9名の方が参加されました。





2016/11/22

3次元CADオペレーターになる方法

3次元CADオペレーターになる方法


最近、名古屋近郊で、3次元CADオペレーターの採用ニーズが高まっています。

3次元CADオペレーターを何とか確保したいが、なかなかうまく採用できない」

こうした企業の声を受けて、求職者にもメリットとなる良い案はないものかと考え、私たち担当者の間で話し合った結果、両者がWin-Winな関係となるだろう企画を考えました。

それは、未経験の方に対して3次元CADの研修を実施し、スキルをつけてもらったうえで希望される職場で就業していただくというスキームです。


そしてこの度、アデコのグループ会社でエンジニア人材サービスを提供する株式会社VSNの協力のもと、「3次元CADオペレーター養成講座」10日間)を名古屋で開講させていただくことになりました。



2016/11/18

派遣エンジニアの方が出世され、企業の発注側へ

先日、Pさん(42歳、某IT企業のインフラ担当マネージャー)と久々にお会いする機会がありました。Pさんと最初にお会いしたのは、約20年前、ITバブルの頃です。

当時のPさんは、就職活動がうまくいかず、興味を抱いたIT業界にチャレンジしたくて、IT系スクールに通っている若者でした。

「ネットワークやサーバーってこれからも社会の大切なインフラなので、この分野で自分を磨きたい」

Pさんの意思は明確でした。しかしながら、社会人経験もなくITスキルも伴わない状況では、ご紹介できる求人はほとんどありませんでした。まずは就職が大切と考え、IT業界でもなくエンジニア職でもない求人も提案しましたが、頑固なまでに自分のやりたいことに対してまっすぐな気持ちをお持ちでした。

当時、国内にはデータセンターを起ち上げるホスティングサービスやハウジングサービスを展開する企業が増えていました。特徴としては、インフラを絶対に停止しないことがポイントでした。


2016/11/15

故郷の仙台で、エンジニアの仕事はありませんか?

Hさん(55歳・男性)は、20年近く一緒に仕事をさせていただいているインフラ系エンジニアです。
ご出身が宮城県の方。東日本大震災でご家族や知人、友人も被災されたこともあり、2年ほど、震災復興の支援で仕事を休まれて、ボランティア活動を現地でされていました。
その後、エンジニア職に戻り、都内を中心にネットワーク製品のセールスエンジニアとして、現在まで活躍しています。

今回、家族とともに宮城県に戻りたいが、自分の経験が生かせる仕事があるのだろうか、というご相談を頂きました。
IT・WEB・エンジニアの仕事は、都心部(首都圏、東海、関西など)の地域が中心です。地方に行くと、求人が大幅に減るという現実は避けて通れません。通常であれば、求人が少ないことを前提にしなければいけません。結果として、平日と週末の居住地を分けるデュアルライフにシフトしていく方や、今までのキャリアとは異なる仕事を受け入れて働く方もいらっしゃいます。




2016/11/11

担当者の一日について

担当者の一日について


ブログをご覧になられた方から、「毎日どんな仕事をされてるのですか?」と質問をいただきましたので、今回は私たちの一日の業務についてご紹介したいと思います。

IT・WEB・エンジニア派遣担当者の一日は日々変化に溢れていますが、11月のある日の一日のスケジュールをご紹介します。


2016/11/08

紹介予定派遣の求人を紹介する際、気をつけていること


紹介予定派遣には、今までの経験の棚卸がポイント

Nさん(43歳・男性)は派遣社員として、UNIX上でのC、C++、VC++、Oracle環境での開発からキャリアをスタートした方です。
その後、プリセールや設計、テクニカルサポートなどを経て、PHP,JavaScriptJQuery/Google APIでのシステム開発からテストまでを経験。そして、社内システムや社外向けWebサービス開発とインフラ整備を担当したり、オフショア開発のディレクターとして海外のエンジニアチームと連携しシステム開発のディレクション、仕様作成・進行管理・スケジュール管理・システム受入れ検証・工数検収を担うなど、幅広い経験を積まれてきました。

2016/11/04

派遣を辞めてフリーランスになりたい!

派遣を辞めてフリーランスになりたい!


アデコの派遣社員として、2年半就業しているWeb制作経験5年のMさん(33歳・女性)からの電話を受けました。間接的に次の契約更新を希望しない意向であることを伺っていましたが、具体的なお話を伺うため、Mさんの職場近くまで足を運び詳細を伺うことにしました。

アデコの派遣社員としてWebデザイナーとして働く以前、Mさんは正社員で制作会社にてWebデザイナーとして働いていました。
残業が多く終電の毎日が続き、体調的にも疲れがたまっていました。また業務に忙殺され自分の時間が全くもてないことから、このままこの環境の中で働き続けた場合いったい自分の将来どうなるのだろう、大丈夫だろうかと不安が強まったことからいったん退職。その後、アデコで派遣という働き方を選び事業会社のWEBデザイナー兼コーディング担当として今に至ります。


2016/11/01

仕事やキャリアの相談からはじめましょう!

先日、仕事が決まって間もない、Kさん(40歳・男性)よりメールで連絡が入りました。

「実は、私の友人で、今後の方向性について悩んでいるエンジニアの友人がいるのですが、ご相談にのってもらえませんか?」

Kさんの友人のIさん(37歳・男性)は、アデコへの登録をしておらず、派遣エンジニアの働き方に不安があるらしいことを聞いていました。直接、お話を伺ってみたいので、一度、当社へお電話でご連絡を頂くように、Kさん経由でお願いしました。


数日後の夜、Iさんから電話をもらいました。
Iさんは、機械設計のエンジニアとして20年近く働いてきましたが、年齢的にエンジニアとして限界ではないかと不安を感じていらっしゃるとのこと。Iさんの知人の中では、異業界へ転職されたり、管理職として実務を離れている方がいるが、どちらも自分には向いていないと仰っていました。

Iさんには、現在のアデコの派遣エンジニアとして働く方々の年齢構成をお伝えしました。平均年齢が40代前半でありながらも、若手やベテランまで幅広い年齢層の方が活躍している方が多いことをお伝えしました。
また、Iさんが将来的にどのような仕事をどんなスタイルで働いていきたいのかをじっくり伺いたいので、「電話ではなく一度キャリア相談をさせていただきますから、ご来社されませんか」と提案いたしました。